いま話題のあれこれ(16) Adobe Creative Cloud

▼Creative Cloud(CC)のインストールまで

  1. 「Adobe IDの登録」
  2. 「Adobeサイトでログイン」
  3. 「CCの管理プログラムをインストール」
  4. 「管理ソフトから使いたいソフトをダウンロード」

Adobe IDの取得にメールアドレスが、ソフトのダウンロードにインターネット接続環境が必要です。

Adobe IDの登録

アドビの解説はこちら。
http://helpx.adobe.com/jp/x-productkb/policy-pricing/5907.html

  1. http://www.adobe.co.jp 画面右上の「サインイン」からマイアカウントのページへ飛びます
    sign-in
  2. 「サインイン」ボタン下の「Adobe ID をお持ちでない場合」をクリック
    MyAccount
  3. メールアドレス、パスワード、名前と地域を入力。利用条件とプライバシーポリシーを読み、承諾するチェック
    PersonalData
  4. メールソフトに確認メール「アドビにご登録いただきありがとうございます」が届く
  5. メールの文面にある「確認リンク」をクリック
  6. ブラウザで新規ページが開き、メールでの確認が終了したメッセージが表示
    ※違うブラウザを同時に複数(IEやFirefoxなど)起動していないほう良いですよ

インストール

Creative Cloud アプリケーションのインストール手順
http://helpx.adobe.com/jp/creative-cloud/kb/cpsid_93595.html

  1. CCのウェブページ https://creative.adobe.com/ へ
  2. すでにログインしているならCCの管理ページへ、ログインしていないならメールとパスワードを入力
  3. 「Creative Cloud」使用許諾確認が表示されますので、内容に承諾OKバッチリならクリック
  4. 画面上部「ダウンロードセンター」クリック
  5. 体験版が欲しいソフトの「ダウンロード」をクリック
  6. ソフトの解説ページに飛び、右上の「体験版のダウンロード」をクリック
    OSXなら「Creative Cloud Installer」、WindowsならApplicationManager7.0_all.exeがダウンロードされます
  7. このプログラムはダウンロード&インストール管理アプリケーションで、まずこいつのインストールします。
    OSXなら仮想ディスクの形式でダウンロードされてますので、その中のプログラムをダブルクリック
    Windowsはダウンロードした実行ファイルをそのままダブルクリック
  8. 無事インストールされればOK、ダメならFAQを見て対応しましょう
  9. インストールしたCreative Cloud(の管理プログラム)を起動します
  10. メールアドレスとパスワードを入力し、ログイン
    CC_manager_login
  11. インストールとアップデートを選択
    CC_manager_install
  12. 使いたいソフトの「インストール」ボタンをクリックすると、自動でダウンロード&インストール開始

 

購入

支払い方法は月払い、年間払いであればクレジットカードによるオンライン決済が。
また3ヶ月間、1年間の利用が可能なプリペイドカードがアマゾンやNTT-Xなどのオンラインストア、また大型量販店で販売されています。

法人での購入であれば、販売代理店の利用が便利です。

▼インストールまでのトラブルシューティング

こちらがFAQです。何かあったらとりあえず見るところ
http://www.adobe.com/jp/products/creativecloud/faq.html

サインインおよびライセンス認証における問題のトラブルシューティング
http://helpx.adobe.com/jp/creative-cloud/kb/cpsid_93638.html

AdobeIDの登録

★すでに登録したメールアドレスで改めてAdobeIDを作成することはできません

パスワードを忘れたのであれば、ログイン時の「「Adobe IDをお忘れですか。」」や「サインインできない場合」から、パスワードのリセットを行います。
もちろんアドビは忘れたパスワードをメールで再送してくれるような優しい会社ではありません。
メールアドレスの変更自体は、「マイアカウント」へログイン後の「アカウント情報の変更」で変えられます

Creative Cloudのインストール

ざっくりした事例はこちら

インストールおよびダウンロードのトラブルシューティング

http://helpx.adobe.com/jp/creative-cloud/kb/cpsid_93789.html

既知の問題(Creative Cloud)

http://helpx.adobe.com/jp/creative-cloud/kb/cpsid_93644.html

★メールのリンクから飛んでも「アップロードされたファイルがみつかりません」が表示される

http://forums.adobe.com/message/4404690#4404690
※creative cloudページにログイン後、直接ダウンロード、という流れです

★インストーラを起動してもエラーで終了する ★「インスーラーの初期化中」から動かない

【トラブル情報】Adobe Application Managerのアップデートエラー
http://forums.adobe.com/message/5442135#5442135#5442135?sdid=JSZVM
※前から入っているプログラムのフォルダを別名にして回避する方法です

/ライブラリ/Appication Supoort/Adobe/Application Managerも併せて別名にしたほうが良いという話も。
それでもだめなら、/ライブラリ/Appication Supoort/のAdobeフォルダを別名(Adobe-など)に変更、という作戦もあるようです。
ただし、わりと自己責任で。

★ライセンス認証済みの製品が体験版に戻り、残り日数が「-1」「32k」などの不正な値で表示される

http://helpx.adobe.com/jp/creative-cloud/kb/cpsid_93780.html

★「アドビに問い合わせることができません」エラーでログインできない(Windows)

http://helpx.adobe.com/jp/creative-cloud/kb/cq04082321.html?sdid=JSZVM

 

▼CCの互換性

お得情報として、Creative Cloudを契約すれば、CS6もインストールできます。

Creative Cloudで最新のCCではなくCS6をインストールする方法(adobe)

以前のバージョンとの互換性については、いつも通り下位保存による対応となります。CCはCS7扱いですね。
CS6、CC以降で制作したデータであれば”どのバージョンに合わせるかは置いといて”、バージョンの統一は可能です。

1年ごとにアップデートを予定、名前がCC2になるのかソフトのバージョンだけ変わるかは未定とのこと。

InDesign CC(InDesign 9.0)

下位バージョンで制作したデータを開くことはモチロン可能です。いろいろ辻褄合わなくなることもありますが、原責で渡すデータを開いて保存し直す、なんてことじゃなきゃ良いんじゃないでしょうか、モチロン校正出力しますよね。

下位バージョンしか持ってない人に渡す場合は、保存時にIDML形式を使うことでCS4,5,6までは対応可能です。
こちらも原責じゃなきゃ大丈夫でしょう。テキストや画像の流用ですよね? 印刷に使うのであればPDFにしときましょう、いやホントに。

前のバージョンの InDesign で使用するために InDesign ファイルを保存する
http://kb2.adobe.com/jp/cps/408/kb408054.html

起動時に強制終了する(InDesign CC)
http://helpx.adobe.com/jp/indesign/kb/cq06250419.html
※対応プログラムをDLしてアップデートします

Illustrator CC(Illustrator 17.0)

(いつも通り)下位保存が可能です。そして(いつも通り)下位保存は非推奨です。

とりあえず、新バージョンを下位保存する場合は、新機能がどれくらい下位バージョンと違うか、ってことを考えます。いや考えたくないのが本音ですけど。

Illustrator CC の新機能
http://helpx.adobe.com/jp/illustrator/using/whats-new.html

「複数のファイルの配置」や「コーナーの自動生成」あたりがマズそうです。「文字タッチツール」はCS6ならそのまま活きるそうですが、CS6持ってるならCCも持ってる気がしないでも…

「ファイルのパッケージ(InDesignにあるものと同じ)」や「画像の埋め込み解除」、「フォントのグループ化」など制作時に便利な支援機能が強化されていますので、この機会に乗り換えるのも手じゃないでしょうか。

Photoshop CC(Photoshop 14.0)

レイヤーが活きたまま入稿しませんよね? ね?

▼三共グラフィックの取り組み

Creative Cloudに対応すべく最新のMac(mini)も導入、すでに入稿受け入れも開始しております。
導入や設定についてご質問がありましたらご連絡ください。

カテゴリー: 用語解説